ナスのピクルス


f0014107_11253876.jpgレッドトマトのマーマレードを作った時に図書館から借りた「プリザービング-保存食と常備食」(山と渓谷社)という本をまた借りてきました。

この本に載っていた詰め物をしたナスのピクルスがとってもキレイでおいしそうだったので絶対に作ろう~!って思っていたのですがお盆休みも終わり産直でもナスがかな~り安くなってきたので昨日材料を仕入れに行って今日は朝からもくもくと作業しました。


f0014107_11255028.jpg前日にナスに切り目を入れて蒸して水切りをし、翌日セロリやにんじんなどを粗切りしたものを間に詰めて作るこのピクルスは本によると中東のシリアで始まったものらしいです。

いきなり難易度中級向けの常温で発酵させて作るピクルスが成功するかどうかは別として(いいのかそれで~)コレ、飾ってるだけでキレイだよね~。

うっとり~~。
って写真かなりイマイチですね。(;^_^A

発酵終わるのに1~3週間。
この温度と湿度でなんとなく失敗するのではないかとイヤな予感がしないでもありませんが、私の場合、作ることに喜びがあるので目に見える所に飾って(?)出来上がるその日まで(失敗とわかるその日までか?)毎日眺めようと思います♪


f0014107_11381924.jpgそして欲張りな私は失敗するかもしれないのに産直のナスがすごく安いことをいいことに(袋にいっぱい入って105円ヽ(^◇^*)/ ワーイ)長ナスも買ってもう一瓶つくりました♪
(こっちは詰め物してないから普通だな~)

実はこの外にコロンとしたかわいい丸ナスも一緒に買ったんですが(だっていろんな種類のナスが売り場にあるんですもの~)そちらは先日TVで見てものすごくおいしそうだった大根おろしがかかった蒸しナスにしたほうがいいかな~と、今もう一瓶作りたい誘惑と戦っています。( ̄∇ ̄;)
でもこれで大きな空き瓶使い果たしちゃたからやっぱり蒸しナスかな~。
[PR]
by aiwhas | 2006-08-23 11:57 | 日々のできごと
<< ブラックベリーいろいろとベビー... 葡萄の未熟果のジュースと卵白マジック >>