人気ブログランキング |

久しぶりの自家製酵母パン


f0014107_10321430.jpg先週のことなんですが、産直で安い緑の葡萄(ナイアガラ)を見つけたので久しぶりにそれを使って酵母を起こしてストレート法でパンを焼きました。

相変わらず成型がへたっぴ。
バヌトンにいれて発酵中も綴じ目が何度もパクッと開いてそのたびにむりやり綴じ目をつまみなおすという暴挙に出た私・・・。(;^_^A
結局綴じ目もクープもだいぶイマイチでしたがなんとかふわふわに味だけはおいしく焼きあがりました。ε-(^。^*)ホッ

久しぶりの自家製酵母のパンだったせいでしょうか、今回はいつもはあまり感じない素材(葡萄)の香りがとっても感じられてドライイーストのパンとは一味もふた味も違うな~とあらためて思いました。(゚ー゚)(。_。)ウンウン


f0014107_10323472.jpg今回酵母液がたくさんできたので翌日今度はマルチシリアルを入れてやってみました。
ところが前日と同じ液種を使ったのに全然膨らまないんです。
私の場合このケースの失敗がとても多いんですよ。
本などを見ると液種は冷蔵庫で一月は持つって書いてあるのにどうしてなんでしょう。
それも翌日使ってるのに・・・。
冷蔵庫で一晩寝かせただけなのに・・・。 
冷たいまま液種を使ってるのがいけないんでしょうか。
今回は奮発して買った春よ恋100%を使って焼いたので、それももったいなくて1回分だけ大事にとっておいた分を使ったのでがっくりきてしまいました。((((_ _|||))))ドヨーン

f0014107_1033394.jpg奮発した粉がもったいないのでなんとかならないかとスコーンみたいに生地を切り分けて焼いてみたのが2枚目と3枚目の写真です。
焼き上がりは香りもよくて食感もむっちむちでしたがそこそこ食べられるのができたと喜びました。
でも翌日冷めたのを食べてみたら硬くて歯が立ちません・・。σ(^_^;)
奮発した粉がもったいないので(しつこい)残りは冷凍庫に入れちゃったんですが今日のお昼にでも温め直して食べてみようかな。

そして今企んでるのが酒粕を使った「酒粕酵母」。
手持ちの本によるとこれって冬の酵母らしいんですが最近だいぶ涼しくなってきたのでそろそろチャレンジしてみてもいいかな~と思っています。
でもこの酒粕たっぷりの液種をこれまたたっぷり使ってストレート法でパンを焼いたらアルコールが全くダメな主人は酔っ払うかしら?
このパンを食べたせいでどんどん青くなってますます無口になられても怖いので、まずは自分ひとりで試食をして実際に酔っ払うかどうか実験してみようと思っています。
(炎_炎)めらめらめら
by aiwhas | 2006-10-16 10:53 | パン作り
<< 紅玉のジェリーと消しゴムはんこ かち栗作り♪ >>