真っ赤でないビーツ


ビーツはずいぶん前に畑を借りていた時に種を蒔いてボルシチやピクルスなどにして食べた事はあったのですが、あれから全然食べていないので(と言うか、売ってない!)またいつか畑を借りることが出来たら絶対にもう一度植えようとず~っと思っていました。
今回市の体験農園を借りられる事になってビーツの種を買おうと色々調べていたらイギリスの野菜の種を扱っているショップを見つけました。
ビーツって真っ赤なのしかないと思っていたら違うんですね~。
定番の真っ赤なビーツも良かったのだけれど、カタログを見ていたら赤と白のまだら模様のビーツとか橙黄色のビーツとか言うのがあって、気になる気になる(笑)。
で・・・、悩んだ末にその種を買ってしまったのです。
(今回蒔いたのはまだら模様のビーツ。橙黄色のは秋に蒔いてみるつもりです)

f0014107_15103750.jpg昨日数日ぶりに菜っ葉を摘みに畑に行ったらあまりの雑草の多さにびっくりして今日の午前中に雑草取りに行ってきたのですが、ビーツの畝の雑草を取っていたら一個ものすごい数のアブラムシがついていたのがあったので他のに移ったら嫌だな~と思い思わず抜いてしまいました!

引っこ抜いた時はまだ小さいな~と思ったのですが家に帰ってよく洗い測って見たら5センチ近くありました!
1個だけだけどこの畑ではビーツ初収穫だからおいしく食べたいな~。


f0014107_1520734.jpg丸茹でしてつるんと皮を剥いたところ。

え・・・?
皮付き茹でる前は結構赤くてビーツっぽかったのに色が抜けた???
それとも中身は最初からこんな色だったんだろうか?(いっぱい採れたら生のまま輪切りにしてみなくては!)
なんだか全然ビーツっぽくないんですけどぉ~。
(やっぱり普通の赤いビーツにしたほうがよかったのかしら、と少し後悔)

f0014107_15232049.jpg
茹でたからまだら模様が消えちゃったかも・・と思いながら半分に切ってみました。


へえ~。
ビーツのあの年輪みたいな模様はちゃんとあるんだ~。




f0014107_15275386.jpg久しぶりの貴重なビーツ!
どうやって食べようかと茹でながら考えて(普通茹でる前に何にするか決めるよね)サラダにしてみることにしました。
アブラムシが付いていなかった葉っぱも数枚でしたがもったいなくて茹でてみました。
ワインビネガーなんていう洒落たものはうちにないのでりんご酢で代用してオリーブオイルなどと一緒に和えました。

今晩の夕飯に頂く予定ですが先っちょを切り落としたところをちょっとだけ味見してみたら、このビーツ!とろ~んとやわらかくてすごくおいしいです!

今晩の夕食がとても楽しみです!
[PR]
by aiwhas | 2007-06-12 15:50 | MY畑
<< 悲しきポットレッドワン タルト >>